PRP療法と顔面脂肪注入|肌トラブルの一つであるニキビ跡は適切な治療で解決しよう

肌トラブルの一つであるニキビ跡は適切な治療で解決しよう

女の人

PRP療法と顔面脂肪注入

女の人

最新のしわの治療法としてPRP療法が登場しました。これは自分の血液を抜いて高濃度の血小板を抽出して再び皮膚に注入するというものです。肌に再び注入された血小板にはコラーゲンとヒアルロン酸の濃度が高くしわを治療するのに非常に役立ちます。しかも、肌トラブルでダメージを負った肌を修復したり、弾力性も回復してくれます。つまり、さまざまな観点から肌の若返りを促進させるのです。自分の血液を使用しますので、アレルギー反応が起こることもありません。施術時間は30分程度です。他の注入治療と比べると時間がかかりますが、これは採決する時間もあるからです。しわだけでなくほうれい線なども改善できますので、最新の皮膚再生医療を受けてみるのも1つの方法です。

顔面脂肪注入も現在注目を集めています。これは自分の身体の中で気になる脂肪を吸引してお肌に再注入するという施術方法です。自分の脂肪を再利用するのでアレルギー反応が起こる心配はありません。注入されると肌がふっくらとしてしわが解消されます。しかも、肌になじみやすく自然な仕上がりになります。これはしわだけでなく頬骨がこけている人にもおすすめできる治療法です。頬骨が目立っていると老けた印象を与えがちになりますので、脂肪が注入されると表情がイキイキとした若々しい表情になります。施術時間としては1時間程度で済みます。脂肪を吸引するので時間がかかりますが、その効果は絶大です。1回受けるだけで効果が持続します。