目元の整形を受ける前に|肌トラブルの一つであるニキビ跡は適切な治療で解決しよう

肌トラブルの一つであるニキビ跡は適切な治療で解決しよう

女の人

目元の整形を受ける前に

目もと

基礎知識を身につけよう

目の下のたるみは一人ひとり違うので、美容整形で解消しようと思ってもどの施術方法が最適なのか自分では分かりません。美容外科クリニックでは、患者それぞれの症状と希望に合った施術方法を提案してくれますが、自分でも基礎知識を身につけておくと医師と相談しやすくなります。例えば整形費用の相場や、目の下のたるみにはどういったものがあるか、治療の効果と持続性、施術後の腫れがどのくらい続くかなどです。これらを事前に知っておけば、医師と相談する時に自分の希望を伝えやすいですし、施術の説明もスムーズに理解できて判断しやすくなります。目の下は皮膚が薄くて顔の中でも特にデリケートな部分なので、慎重に美容外科と施術方法を選んだ方が、美容整形で失敗する確率をぐっと減らせます。

メスを使わない施術が人気

目の下のたるみを解消させる美容整形ですが、最近ではメスを使わないタイプが多くあり、傷が残らず施術後の腫れが早く引くので人気です。特に人気なのが経結膜脱脂法で、目の下のたるみの原因である眼窩脂肪を、まぶたの裏からレーザーで切除します。皮膚の表面を傷つけることがないので出血がなく、施術後の腫れは長くても1、2週間で引くと言われています。たるみが比較的軽度な人には、レーザーを照射して目の下のたるみを解消し、肌を引き締めるアイリフトも人気です。レーザーを照射するだけなので体の負担が少なく、軽度のたるみには抜群の効果を発揮します。他にもメスを使わない施術として、ヒアルロン酸やPRP(多血小板血漿)を注入したり、特殊な糸を皮下に挿入する方法がありますが、どれも一長一短ありますので医師からよく説明を受けましょう。